株式会社マイナビ

株式会社マイナビの公式noteアカウントです。 生活者の人生に寄り添う「わたしのナビ」として、ちょっと心が軽くなるような記事やマイナビグループに関する情報を発信していきます。

株式会社マイナビ

株式会社マイナビの公式noteアカウントです。 生活者の人生に寄り添う「わたしのナビ」として、ちょっと心が軽くなるような記事やマイナビグループに関する情報を発信していきます。

マガジン

  • 「きっかけ」をデザインするひと

    マイナビでは人と人とがつながるきっかけを作ったり、コミュニケーションのデザインやプロデュースを担うひとが活躍しています。そのひとの経験や想いをみなさんにお届けします。

  • 木曜日の相談室

    慌ただしかった今週もあと少し。そんな木曜日に、少しだけ気持ちが軽くなれる場所。

  • わたしの「#もうひとつのかお」

    マイナビには、育児・スポーツなど…仕事とは別の「もうひとつのかお」をもって働くひとたちがいます。どう両立しているの?どんな想いで続けているの?様々なライフスタイルの形に迫ります。

  • マイナビのこばなし

    マイナビのサービスや業界のトレンドなど、ちょっとタメになる「こばなし」をお伝えします。

  • マイナビの「はじめまして」

    ユーザーの人生・暮らしに寄り添う存在を目指すマイナビの自己紹介。 改めてみなさまに「はじめまして」のご挨拶をいたします。

リンク

記事一覧

木曜日の相談室ができるまで<「木曜日の相談室」年末のご挨拶>

いつも「木曜日の相談室」をご覧いただきありがとうございます。マイナビ公式note編集部です。…

不採用を覆した「私のトリセツ」プレゼン。「障がい者の社会参加に貢献する」夢を持ち…

2022年10月現在、マイナビグループ全体では約12,400名の社員が働いています。年齢、性別、国籍…

24

「スタートアップ企業の採用を支援したい」北九州市との連携で『スキイキ』が目指すも…

新しい技術やアイデアでイノベーションを起こす。 そんなスタートアップ企業の活躍に今、多く…

11

コロナ禍でエッセンシャルワーカーのイメージはどう変化したのか?社会貢献性と働く環…

「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる職業をご存知でしょうか。 社会や人々の生活に欠かせな…

10

将棋のプロ棋士の木村一基さんに「わたしの悩み」を相談してみませんか?<「木曜日の…

目まぐるしく変化する毎日、慌ただしく駆け抜けた今週もあと少し。 そんな木曜日の1日に、ほん…

21
木曜日の相談室ができるまで<「木曜日の相談室」年末のご挨拶>

木曜日の相談室ができるまで<「木曜日の相談室」年末のご挨拶>

いつも「木曜日の相談室」をご覧いただきありがとうございます。マイナビ公式note編集部です。

年の瀬も押し迫り、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

いつもはゲストの方をお招きし、読者の方から頂いた相談に回答する本企画ですが、今回は趣向を変えて、“「木曜日の相談室」ができるまで” を、一人の編集メンバーの目線でお伝えできればと思います。

最後には編集部おすすめの記事もピックアップしています。

もっとみる
不採用を覆した「私のトリセツ」プレゼン。「障がい者の社会参加に貢献する」夢を持ち挑戦を続ける、マイナビでの10年間

不採用を覆した「私のトリセツ」プレゼン。「障がい者の社会参加に貢献する」夢を持ち挑戦を続ける、マイナビでの10年間

2022年10月現在、マイナビグループ全体では約12,400名の社員が働いています。年齢、性別、国籍も多様な社員がいる中で今回は、営業職として活躍している橋本さんにお話を聞きました。

橋本さんには視覚障がいがあり、全く見えない状態で生活されています。社内では白杖を持って移動し、基本的に業務は一人でこなしています。

入社10年目の橋本さんですが、就活時には一度マイナビの面接で不採用になりました。

もっとみる
「スタートアップ企業の採用を支援したい」北九州市との連携で『スキイキ』が目指すもの

「スタートアップ企業の採用を支援したい」北九州市との連携で『スキイキ』が目指すもの

新しい技術やアイデアでイノベーションを起こす。
そんなスタートアップ企業の活躍に今、多くの期待が集まっています。政府は2022年を「スタートアップ創出元年」と位置づけ、スタートアップ企業の成長を後押しする方針を打ち出しました。

しかし、このような期待に応えて、新しいことに挑戦したい、事業を大きくしたいと思っていても、人材がいない、採用ができないという悩みを持つ企業、経営者は少なくないようです。

もっとみる
コロナ禍でエッセンシャルワーカーのイメージはどう変化したのか?社会貢献性と働く環境のギャップについてマイナビ研究員が考える

コロナ禍でエッセンシャルワーカーのイメージはどう変化したのか?社会貢献性と働く環境のギャップについてマイナビ研究員が考える

「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる職業をご存知でしょうか。

社会や人々の生活に欠かせない仕事に就いている人を指し、医療・福祉、物流、教育・保育、小売、インフラに従事する人などが代表的です。私たちの暮らしを支え、コロナ禍で重要性が再認識されたエッセンシャルワーカーですが、人手不足を嘆く声が聞こえてきます。

「社会に必要とされる仕事なのに、なぜ採用につながらないのか」。マイナビで研究員をしている

もっとみる
将棋のプロ棋士の木村一基さんに「わたしの悩み」を相談してみませんか?<「木曜日の相談室」 第11回目のお知らせ>※募集は終了いたしました

将棋のプロ棋士の木村一基さんに「わたしの悩み」を相談してみませんか?<「木曜日の相談室」 第11回目のお知らせ>※募集は終了いたしました

目まぐるしく変化する毎日、慌ただしく駆け抜けた今週もあと少し。
そんな木曜日の1日に、ほんの少しだけ気持ちが軽くなれるお部屋、「木曜日の相談室」。

第11回目のゲストとテーマについてお知らせします。

「木曜日の相談室」第11回目ゲストとテーマ第11回目のゲストは、将棋のプロ棋士の木村一基さん。
 
木村さんは23歳の時にプロ入りした将棋棋士。受け(守り)を武器に活躍するも、「王位」のタイトルを

もっとみる